30代ミニマリスト女性OLのブログ

いるといらない

30代OLミニマリストがお小遣い帳(家計簿)で支出管理してみた

更新日:


結婚してから今まで、我が家はお小遣い制です。今年から夫も私も毎月5万円の定額制で、世間より多いお小遣いでストレスフリーな家計管理を目指しています。

賞与支給月は1回につき10万円の特別報酬もあるので、お小遣いの年間総額は1人80万円。一見多いって思われるかもですが、これには理由があります。

このお小遣い5万円には、外食費やスマホ代、交通費や交際費も含まれています。夫婦での外出による旅行代も、このお小遣いから捻出しようと話し合いました。

家計簿(2020年)

家計管理のみで家計簿を付けていませんでしたが、お小遣いから旅行代を捻出するとなると計画的な貯蓄が必要です。そこで久しぶりに家計簿を付けてみることに。

これは私の個人的な記録になりますので、参考にはなりません。毎月の収支額が+であればOKのゆるいボーダーラインを設けて、私の小さな挑戦が始まります。

1月/収支+8,652円

なにかと支出が多い1月ですが、休みも多かったので収入を増やして収支+8,652円で収めました。年始はお互いの実家に帰省せず、主に友人たちと過ごしました。

主な収入はお小遣いですが、年始早々買い物に失敗した母から「これ売って(売上金がお年玉ね)」と依頼があったので、出品してお小遣い稼ぎしていました。

普段なら買い物好きの母の出品依頼はキリがないので断っていますが、結果的に売上金のおかげで今月マイナスにならなかったので、結果オーライとすることに。

1月の支出内訳は、以下の通りです。

  • 衣服代 ¥18,912
  • 美容院代 ¥11,100
  • 化粧品代 ¥5,032
  • 交際費 ¥17,958
  • 食費 ¥10,981(カフェ代 ¥3,172)
  • スマホ代(UQmobile) ¥2,841
  • 日用品代 ¥2,508
  • 交通費 ¥1,344
  • その他(おみくじ等) ¥117

美容院は3カ月に1回の頻度で通ってて、半年に1度パーマあてます。しばらくボブでしたが、30歳になったので大人っぽくセミロングを目指して伸ばし中です。

2番目に多い支出は、交際費17,958円(25.3%)でした。好きなバンドのライブに行ったり、夫や友人との外出が多かったので、いつもより多い出費となりました。

2月/収支+1,212円

新型ウイルスの危険性が、毎日のようにニュースで流れるようになって疲弊している自分がどこかにいて、出掛けることを拒んだ2月は収支+1,212円という結果に。

事業・副業って書いてるのは、全てメルカリの売上金です。デビットカード支払いによる消費者還元事業の恩恵も、ちょっとだけ受けられて地味に嬉しかったです。

2月の支出内訳は、以下の通りです。

  • 特別な支出 ¥21,780
  • 食費 ¥15,225(カフェ代 ¥4,075)
  • 衣服代 ¥3,950
  • 化粧品代 ¥3,362
  • 靴の修理代 ¥1,155
  • 交際費 ¥6,646
  • スマホ代(UQmobile) ¥3,115
  • 交通費 ¥1,666
  • 趣味・娯楽費 ¥1,445
  • 日用品代 ¥972
  • その他(切手代) ¥245

今月はお金を使わなかったので、それならばとArtekのstool60を1脚。ずっと私が心の内で恋焦がれていたモノを、思い切って買っちゃいました。GDP上げたね。

誰かと会う気分にはなれず、休日は家でのんびり過ごしていました。まだ新型ウイルスが日本で騒がれる前に映画「パラサイト」を一人で観に行ったくらいかな。

3月/収支+2,766円

先月に引き続き、楽しみな美術展やライブなどが延期・中止になって、仕事とスーパーへの買い出しくらいしか外出しない日々が続いて、収支+2,766円でした。

先月に購入したArtekのstool60に代わって、ercolのスティックバッグチェアを手放しました。メルカリで出品し、思った以上に早くお譲り先が見つかって良かった。

家にいる時間が増えたので、断捨離する良い機会だと思って改めてモノを見直しています。youtubeなどで好きな音楽をかけながら、気分転換も大切にして。

  • 衣服代 ¥33,475
  • 化粧品代 ¥5,632
  • 食費 ¥15,767(カフェ代 ¥2,010)
  • 趣味・娯楽代 ¥9,455
  • 交際費 ¥8,070
  • 日用品代 ¥7,702
  • スマホ代(UQmobile) ¥3,170
  • 交通費 ¥1,447
  • その他 ¥200

今月はコートを含む洋服3着を購入したので、衣服代の出費が激しいです。お店には行かずに着画や素材を吟味しながら返品OKのオンラインショップで購入しました。

あとは今後の楽しみをもっておく為に、東京03のお笑いライブに初めて応募してみました。実際に観に行くのは7月だけど、それまでに落ち着いてくれたらいいな。

4月/収支+5,519円

政府の緊急事態宣言を受けて在宅勤務に切り替わり、ほとんどの時間を家で過ごした4月は収支+5,519円でした。4月上旬から家にいるけど、物欲は止まらんね。

恥ずかしながら先月買ったコート、失敗でした。試着した時は良かったけど、外で光に当たると「あれ?」と思うことがあり、メルカリで綺麗な内に売却しました。

洋服の失敗は凹むけど、旬がある洋服は早いうちに手放すのが吉ですね。定価の8割くらいのお値段で買いたいと言ってくださる方が見つかってホッとしました。

4月の支出内訳は、以下の通りです。

  • 衣服代 ¥31,539
  • 日用品代 ¥9,920
  • 趣味・娯楽代 ¥6,536
  • 食費 ¥4,480(カフェ代 ¥833)
  • スマホ代(UQmobile) ¥3,115
  • 交際費 ¥2,100
  • その他 ¥510

新しいコートを買ったのは、好きだったノーカラーのトレンチコートが色褪せたからで、何気なく同じブランドで調べてみたら毎シーズン定番で出ている…じゃん!

ということで、春先に着るコートは買い直すことで事なき終えました。そして、こちらも私の定番になっている白スニーカー。ボロボロすぎて買い直しました。

あとはお金を使う機会がないタイミングで、30歳過ぎたらちゃんとしたいと思っていた袱紗と数珠入れを新調しました。minneでお気に入りを見つけちゃいました。

5月/収支+2,752円

5月も在宅勤務が続き、3日に1回くらいしか外出しない生活でした。家の大掃除や勉強、運動などステイホームを心掛けた5月の収支は+2,752円となりました。

せっかくのゴールデンウィークは外出できなかったけど、海外で暮らす友人を含めたオンライン飲み会に声掛けてもらって参加できたのは良い思い出になりました。

銀行のキャンペーンに当選して、現金5,000円もらっちゃいました〜!普段こういうの当たらないから応募しない派だけど、ボタンをポチっと押すだけだったので。

家にいる時間が長いと外の世界が気になって、誰かの悲しい出来事に共感して暗い気持ちになることも多かったので、こういう明るい出来事は単純に嬉しかったな。

5月の支出内訳は、以下の通りです。

  • 靴代 ¥34,320
  • 美容院代 ¥10,032
  • 化粧品代 ¥5,830
  • 日用品代 ¥3,611
  • スマホ代(UQmobile) ¥3,115
  • 食費 ¥1,052(カフェ代 ¥316)
  • 交際費 ¥1,004
  • 書籍代 ¥23

今月の主な出費は、靴2足でした。年に1度の銀座かねまつのスペシャルセール「かねまつ市」がWEB上で開催されると聞きつけて、狙って購入したものたちです。

どちらも2年履いてお疲れ気味の靴と色や形が似ているものを選んで、梅雨が明けたら交代する予定です。いつも買っているお店の商品は、ネットでも安心でした。

6月/収支-2,621円

緊急事態宣言が解除された6月は、徐々に会社への出社日も増えて外出する機会が増えました。それ故にテンション上がって収支-2,621円の初マイナスになりました。

ちょっと気持ちが浮ついちゃってましたね、反省。これからも週に何回かは在宅勤務が続くので、気を緩めすぎないように気を付けなければいけませんね…。

6月は賞与支給月なので、別途10万円の支給がありました。その内の9万円は投資信託(毎月7,500円ずつ)に充てていて、現金としては1万円の収入となりました。

6月の支出内訳は、以下の通りです。

  • 衣服代 ¥22,511
  • 化粧品代 ¥16,948
  • 食費 ¥11,245(カフェ代 ¥1,293)
  • 交際費 ¥10,519
  • スマホ代(UQmobile) ¥3,005
  • 書籍代 ¥1,738
  • 日用品代 ¥257

自粛期間中から始めたExcelの勉強、続けています。最近はSNSと距離を置く為にスマホを触る時間を減らして、勉強するかブログを書くかに時間を割いています。

平常時より外出回数が半分になったはずなのに、今まで制限されていた外食代にお金掛け過ぎちゃってますね。コロナ第二波の予兆もあるので、気を付けなければ。

お金に関する愛用品

私がお小遣い管理で愛用中の、主な登場人物たちをご紹介します。

住信SBIネット銀行

銀行口座は、住信SBIネット銀行を利用しています。デビット付きキャッシュカードで、銀行口座としてのみならずデビットカードとして支払いにも活用中です。

給料日になると口座に5万円が振り込まれるけど、現金を下すのが面倒でキャッシュレス決済が中心。小銭が増えず、口座からすぐ引き落としされて管理が楽です。

月間利用金額の0.8%(1,000円毎に8ポイント)がポイントとして還元されて、500ポイント貯まったら1ポイント1円で現金に交換できるのも魅力ですね。

住信SBIネット銀行の詳細はこちら

メルペイ

購入したもの全てを使い切る生活が理想だけど、現実はそう上手くいきません。時には、使っていて「あれ?」と思ったモノを手放すこともありますよね。

そんな時、私はメルカリに出品します。誰かに譲ることで得た売上金は、メルペイ(電子マネーiD)となって、私のささやかな生活を支えてくれています。

メルカリに販売手数料として売上の10%取られるのは痛いけど、たまに販売手数料を実質無料キャンペーンを開催するので、そこを狙って出品するのもアリですね。

メルカリ

メルカリ

posted withアプリーチ

会員登録時に招待コード「DPXFKP」を入力すると、500円分のポイント貰えるよ

マネーフォワードME

この家計簿は、アプリ「マネーフォワードME」を使って記録しています。銀行と連携しているので、口座内の入金や出金、デビットカード利用は自動記録されます。

記録するのは金額とカテゴリのみに絞ったのと、口座連携による自動記録の甲斐もあってか、家計簿6か月目の壁を突破して7カ月目に突入しようとしています。

今年の目標は、毎月の収支額がプラスで終えられることです。これから毎月、家計簿を公開していく予定なので、この記事をたまに覗いていただけたら幸いです。

家計簿マネーフォワード ME

家計簿マネーフォワード ME

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

-家計簿の公開

Copyright© いるといらない , 2020 All Rights Reserved.