30代ミニマリスト女性OLのブログ

いるといらない

必要なのは、見た目より自信!私が30代に向けて準備したこと

更新日:


皆さんは「アイ・フィール・プリティ!人生最高のハプニング」という映画をご存知でしょうか。

自分の容姿に強いコンプレックスを持っていて消極的な主人公が、ある日ジムで頭を強く打ち、目覚めたら絶世の美女に生まれ変わったと錯覚してしまう物語。

錯覚から容姿に自信が付いた主人公は、今まで諦めていた仕事や恋に対して積極的に行動できるようになり、全てが順調で明るく華やかな世界に変わっていきます。

ぐう
私たちに必要なのは「見た目」より「自信」

と、教えてくれた大好きな映画です。

この映画を28歳の時に観て、自信を付けることの大切さを知りました。これから飛び込む30代の世界にどこか怖さを感じていたけれど、私も頑張ってみようかなと。

そこで今日は、私が20代後半から現在に至るまでに自信を持つ為に始めて、継続していることをご紹介します。これは一例ですが、皆様の参考になれば幸いです。

エイジングケア

飲む日焼け止め

私は生まれつき髪の色が茶色く、肌が白くて日焼けすると真っ赤になります。学生の頃、美容師さんに「色素が薄いんですね」と言われて納得したことがあります。

色白と言えば聞こえは良いのですが、20代後半からシミやソバカスが気になるようになりました。紫外線は老化の原因と言われているので、なんとかしなくては。

私の体質上、日焼け止めだけでは限界があると感じて、30歳から第一三共ヘルスケアの飲む日焼け止め「トランシーノ ホワイトCクリア」を飲み始めました。

  • 医薬品を取り扱う「第一三共ヘルスケア」
  • 今あるシミにも効果を発揮してくれる
  • 1カ月2,500円ほどで継続しやすい価格帯
  • 妊娠・授乳期のビタミンC補給にもなる

以上の説明書きを読んで、朝と夜に2錠ずつ飲んでいます。夫からは「ちょっと最近、肌に透明感出てきたんじゃない?」と言われ、嬉しくなっているところです。

効果には、個人差があります。一個人の感想なので、ご容赦ください。

シャンプーブラシ

スキンケアと同じくらい大切にしたいのが、ヘアケアです。髪質が柔らかくて毛量が多いわりには驚くくらいの直毛なので、ヘアアレンジが本当に苦手でして。

アレンジなしでもマシに見えるように学生時代からずっと半年に1度、美容院でデジタルパーマをかけているのですが、気になるのが髪の毛へのダメージなんですよ。

そこで、30代になってから友達に勧めてもらったETVOSの「リラクシングマッサージブラシ」を導入してみました。これが、なかなか良くってですね。

今までも意識して指で頭皮マッサージをしながらシャンプーしているつもりでしたが、「ああ、今までのは全然ダメだったな」と思うほど、頭がスッキリします。

勝手に使い始めた夫が、

これ良いね、何で今まで使わなかったんだろ?

と言うほどの良さなのです。

ブラシの柔らかさがちょうど良く、頭皮に良い感じに圧がかかって、ふわっと髪が立つんですよ。そして髪が立ってるから、ドライヤーで乾かす時間が短くなる

しずく型にも意味があって店員さん如く「しずくの先をツボ押しとしても使っていただけます」とのこと。そんでもって価格は2,000円以内というコスパの良さ。

基礎体温計

29歳から始めた習慣の中に基礎体温を測るがあります。これは、PMS(月経前症候群)の症状に悩んでいたときに、自分の機嫌は自分で取ろうと始めた習慣です。

基礎体温を測り続ければ、自分のリズムを把握できるので「今日はゆっくり過ごそう」とか「今日は一駅歩いちゃおう」と計画的に行動できるようになりました。

毎日測るのって結構しんどそうと思ったのですが、オムロンの「MC-652LC」は10秒計測スマホ転送&アプリ管理ができるので、1年以上継続できています。

オムロンの基礎体温計についてはこちら

ボディケア

歯科矯正

歯科矯正は28歳の時に、これからの30代に向けての準備として始めました。2018年9月にワイヤーを装着して、現在に至ります。この決断は正しかったと思います。

通院の度にきつく締められたワイヤーに数日痛みを感じて辛い思いをたくさんしたけど、じゃあ歯科矯正しなければ良かったか?と問われれば、答えはNOです。

ぐう
もうあんな口ボコには戻りたくない

治療は2年半以上掛かるし、お金も100万円以上と痛い出費だけど、自分史上最高の自己投資だと思っていて、とにかく「やって良かった」の一言に尽きます。

歯科矯正による口元の変化で口周りがすっきりしてきて、もう夜の電車の窓に映る自分のほうれい線の深さにがっかりすること(笑)も、最近は減りました。

歯科矯正についてはこちら

医療脱毛

29歳の時にミセルクリニックVIOと両脇の医療脱毛をしました。元々あまり毛量が多い体質ではないのですが、この2か所は今後のことを考えて脱毛しました。

思えば、もっと早くやっておけば良かったかも知れない。特に両脇は医療脱毛でも1~2万円で完全脱毛できるので、労力と時間を考えればおつりが出るくらいですね。

ぐう
夏のノースリーブも、もう怖くない

かみそりで肌を傷つける心配もなくなるので、今後何年も自己処理することを考えれば、医療脱毛にかけたお金は安いもんと感じてしまうほど、やって良かった。

医療脱毛についてはこちら

Ring Fit Adventure

今年に入ってから始めた任天堂Switchの「Ring Fit Advebture」で、定期的に筋トレしています。今まで筋トレなんて無縁の世界だったけど、始めたらハマった。

今まではホットヨガやジムなど施設に通って運動することが多かったのですが、電車で通わなきゃいけない距離にしかなくて、通うハードルが高いのが難点でした。

それに私たち女性には月に1回、生理という運動に適していない時期が7日ほどあって、週に何回とか使い放題とかの料金設定に納得いかないこともありまして。

ゲーム感覚で自宅で誰の目も気にせずに筋トレできる、このソフトは最高なんです。いつもストレッチから始まるので、準備体操しながら凝った体をほぐせるし。

ぐう
体調良い日のお風呂入る前に20分ほど遊んでます

筋トレのミニ知識とか教えてくれるし、筋トレ中に辛くなったらキャラクターが応援してくれるので、インストラクターが近くで見守ってくれてる感じがしますよ。

ファッション

骨格診断

骨格診断は、自分の体の特徴から体型に合った服のデザインや素材を知ることができます。ちなみに私は、華やかでソフトな洋服が似合うウェーブタイプです。

思えば、自分は外資系のファストファッションブランドが極端に似合わない。ZARAのハリのある素材や明るい色合いが似合わないのは、このせいなようです。

残念ながら、モデルさんみたいに何でも着こなせる体型は持ち合わせてないので、こういうツールは積極的に活用しなきゃね。小賢しく生きてやりましょう。

パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断は、自分の魅力を引き立てる似合う色を知ることができます。ちなみに私は、ブルーベースのサマータイプ(ブルべ夏)でした。

パーソナルカラー診断は、ファッションだけでなくアクセサリーや化粧品などを選ぶときでも役立ちますので、一度やっていて損はないと思います。

最近よく、パーソナルカラーを基準にした商品選びの特集も雑誌で組まれてますよね。それくらい今の時代、ポピュラーになってきているんだなと感じています。

この2つの診断によって、自分の中で洋服選びの基準ができたことは「迷い」からの脱出に繋がると思います。あとで買って後悔する確率も格段に減りました。

ストレスを溜めないこと

色々と綴ってきたけれど、最も大切なのは「ストレスを溜めない」ことです。ストレスが溜まると、心に余裕がなくなって、健康に気を遣う気力さえなくなります。

いくら外見が美しくても、心に余裕のない女性を見ると「残念な人だな」と思ってしまいます。少なくても私は、自分の感情をコントロールできる女性に憧れます。

そういう女性に近付く為に、

  • 睡眠時間を7~8時間確保する
  • 自分のために使う時間・お金を設ける
  • ストレス発散方法を見つけておく

こんなことから、始めてみてはいかがでしょうか。

20代の頃は30歳になるのが怖かったけど、30歳となった今は「毎日楽しいな」と思っています。何かに縛られる感じがなくなって、より自由になった気がします。

私は残念ながら『美人』という言葉に縁がないのですが、自分を好きになる方法を見つけておくと、案外この顔も悪くないと思って自信が持てるようになりました。

この記事が、自分に自信が持てる方法として参考になれば幸いです。

-ボディケア

Copyright© いるといらない , 2020 All Rights Reserved.