ビューラーはいらない、そんな生活がしたい。将来のまつげの為にできることを今日から。

投稿日:



ビューラーはいらない、そんな生活がしたい。将来のまつげの為にできることを今日から。

メイクする上で、誰もが一度は使ったことがあるアイテムがあります。

それは「ビューラー」です。私だけかも知れないですが、まだメイクをしていない時はビューラーを持つことが憧れでした。いつか使ってみたいと思っていました。

ですが最近、ビューラーを使うことに違和感を感じるようになりました

下向きまつげを根元からビューラーで無理やり持ち上げる…。メイクポーチの中でかさ張って邪魔な存在になりがち…。ビューラーをしない、持たない生活にしたい!

私の中で、今後のアイメイク事情も交えてビューラーはいらないかもと思った、その理由をご説明します。この記事が、参考になれば幸いです。

ビューラーし続けると将来のまつげが危険?

ビューラーはいらない、そんな生活がしたい。将来のまつげの為にできることを今日から。

まつげを持ち上げる方法は、ビューラー以外にも「つけまつげ」や「まつげエクステ」なんて方法もありますが、どれもまつげを痛めることはご存知ですよね。

つけまつげやまつげエクステに比べれば、ビューラーはまつげに優しいと思っていました。まつげの根元に人口的に何かを付けるよりはマシと考えてました。

ですが、ビューラーでまつげを上げるのは毎日まつげを痛めていることになるので、他の方法と同様にまつげに優しくないのを知りました。

ビューラーはしない方がいいかも

毎日ビューラーして、まつげ痛めとったらまつげなくなんで!

電車の中で話し込んでいた年配の女性達の会話が、頭から離れません。えー、そんなん嫌だ!と心の中で思いました。

元々、私は一重で下向きまつげなので、ビューラーで上げようとすると大変です。根元からしっかり持ち上げないといけないので、まつげへの負担は大きいです。

まつげ無くなる…なんて恐ろしい。そうなる前に手を打つべきかと思い始めました。

マスカラのみのナチュラルメイクを

ビューラーはいらない、そんな生活がしたい。将来のまつげの為にできることを今日から。

そこで、マスカラのみでアイメイクを実践していこうと思います。

調べてみると、マスカラのみの場合も気を付ける点があることを発見しました。

  • お湯で落ちるタイプを選ぶ
  • 美容液成分配合でケアを怠らない

以上の2点は、化粧をする上のマスカラ選びで必須だなと感じました。

お湯で落ちるタイプを選ぶ

何かのCMで、マスカラを落とす時にまぶたに掛かる負担は「セントバーナード2匹に引っ張られる」ほどと例えられていたのを思い出します。

それほどウォータープルーフのマスカラは、化粧を落とす為だけに皮膚やまつげに負担を掛けるということです。それでは、ビューラーなしでも意味がありません。

マスカラのみにするならば、マスカラも肌やまつげに負担が少ないものを選びたいので、お湯で落ちるタイプにするとベストだと思います。

美容液配合でケアしながらメイクする

ビューラーはいらない、そんな生活がしたい。将来のまつげの為にできることを今日から。

毎日肌にスキンケアをするように、まつげもケアしたいですよね。

ケアした分、まつげは長く太く育つようになります。そうすれば、もっとビューラーなし生活に自信が出てくるはずです。マスカラだっていらなくなっちゃうかも。

まつげ美容液を塗るのは面倒なので、私はモテマスカラ IMPACT 1を愛用しています。お湯で落ち、美容液成分配合でメイクしながらケアが出来ます。

もう何本もリピートしている、私の中のヒット商品です。これだけで自然とまつげも伸びるので、別で持っていたまつげ美容液は手放しました

今日から始めるビューラーなし生活

ビューラーはいらない、そんな生活がしたい。将来のまつげの為にできることを今日から。

今日、初めてビューラーなしでアイメイクをしてみました。

マスカラのカールに合わせて根元から塗ると、マスカラだけである程度カール力が持続してくれることに気付きました。ナチュラルメイク好きならオススメです。

これからビューラーなし生活を続けて、不要だと思ったらビューラーは手放したいと思います。化粧ポーチの中もスッキリするので嬉しい…

将来のまつげの為に、皆さまも良かったらお試しください。

-Cosme

Copyright© いるといらない , 2018 All Rights Reserved.