まだプラスチック製?浴室の排水溝のゴミ受けをステンレス製に変えるとお風呂掃除が簡単!

更新日:



まだプラスチック製?浴室の排水溝のゴミ受けをステンレス製に変えるとお風呂掃除が簡単!

水回りの掃除って億劫ですよね。お風呂場の排水溝のゴミ受け掃除はもっと億劫で。週に1回の頻度で掃除してるのですが、どうにもあのヌメヌメ感が苦手でした。

そんな時にググって出会ったのが"ステンレス製のゴミ受け"です。これを使い始めて、毎日掃除できるシステム作りが出来たので、あのヌメヌメ感とおさらば出来ました。今日はステンレス製のゴミ受けについて紹介します。

プラスチック製のゴミ受けは使いにくい

皆さんのご自宅では、どんなゴミ受けを使っていますか?

私は入居当時にあったものをそのまま使っていて、プラスチック製でした。以前住んでいた賃貸マンションも同じものだったので、よく使われているものだと思います。

まだプラスチック製?浴室の排水溝のゴミ受けをステンレス製に変えるとお風呂掃除が簡単!

プラスチック製だと、どうしても網目の細かさに限界が出てしまいます。お風呂用洗剤ではこと足りず、歯ブラシ等で擦らないと汚れが取れません。赤カビの発生もなかなか。

週に1回の頻度で掃除していたので、それで汚れが浸透してしまい、もっと掃除しにくくなって…の負のスパイラルを繰り返してました。

掃除工程の多さから掃除が億劫に

前述した通り、網目が粗いので髪の毛のような細かいゴミ受けに使うには心許ない。その為、私は100円ショップ「ダイソー」で購入した排水溝ネットを併用していました。

実際に付けるとこのような感じになります。カバーを付けているので気になりませんが、ちょっと不恰好になっちゃいますね。

まだプラスチック製?浴室の排水溝のゴミ受けをステンレス製に変えるとお風呂掃除が簡単!

この状態だと【ゴミ受けを外す→ネットを取り外してゴミ箱に捨てる→掃除→新しいネットを取り付ける→ゴミ受けを元の位置に戻す】と掃除工程が増えてしまいます。ネットを取り付ける工程が無くなればいいのになと思っていました。

プラスチック製のゴミ受けのメリットは、柔らかい素材なのできっちりと排水溝にはめることが出来ます。隙間からゴミが滑り落ちることを防いでくれます。

しかし、これがデメリットでもあります。排水溝からゴミ受けを外す時に、排水溝に溜まった汚水が顔に飛んでくるのです…!あの時の恐怖と言ったら…。これもどうにかしたいと思ってました。

ステンレス製のゴミ受けに変えた結果

そこでググって出会ったのが「R&M ユニットバス用ゴミ受け」です。

これのおかげで、今では週に1回から毎日の頻度で掃除が出来ています。もっと早く調べれば良かったと思えるほど、欠かせないアイテムです。

まだプラスチック製?浴室の排水溝のゴミ受けをステンレス製に変えるとお風呂掃除が簡単!

商品名は“ユニットバス用ゴミ受け”です。ユニットバスと聞くと、一人暮らしの住まいやビジネスホテル等で見かける『お風呂とトイレが一緒になったもの』と思ってしまいます。

私もそう思って「これは我が家では使えない?」と思ったのですが、調べてみるとユニットバスとは『周りの壁・天井・床が一体になっているお風呂』という意味だそうで、お風呂だけの空間でも問題なく使えます。

まだプラスチック製?浴室の排水溝のゴミ受けをステンレス製に変えるとお風呂掃除が簡単!

  • サイズ:外径10.2×高さ1.7cm(ツマミ含まず)
  • 重量:62g
  • 材質:18-8ステンレス
  • 原産国:日本
  • 排水口適用サイズ:直径80~102mm

※amazonより抜粋

ハート型のつまみが若干「可愛すぎるのではないか?」と気になりますが、それ以外は問題なし。日本製の錆びにくいステンレス製で安心出来ます。プラスチックに比べて、ステンレスはカビ等の汚れが取れやすいので水回りには最適だと思います。

裏面も無駄な部分がなく、汚れが落としやすいと思いました。カビキラーなど塩素系漂白剤を使えば、ブラシ等で擦らなくても汚れが取れそうです。

まだプラスチック製?浴室の排水溝のゴミ受けをステンレス製に変えるとお風呂掃除が簡単!

実際に使って見ると、付属品ではないのと置くだけなので不安定ですが、使用中に浮くことなく、ちゃんと髪の毛などを受け止めてくれていました。中心部にゴミが溜まるように出来ています。

まだプラスチック製?浴室の排水溝のゴミ受けをステンレス製に変えるとお風呂掃除が簡単!

付属のプラスチック製のように、はめるのではなく置くタイプなので、はめた時のように汚水が飛んでくる心配がありません。ハートのつまみを摘んで、1日のゴミを簡単に捨てれれるようになったおかげで、掃除工程が減り楽になりました。

これに変えてから、お風呂上がりの「ながら掃除」で排水溝に汚れを溜めたままにせずに綺麗な状態を保てています。以前のままだったら無理でしたね。

排水溝の蓋も撤去しちゃおうと考えましたが、視力が悪い夫から「踏み外してしまいそう」と反対意見が出たので、叶いませんでした。それでもお風呂掃除が楽になったのは間違いありません。

この記事が同じ悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

-Bathroom

Copyright© いるといらない , 2018 All Rights Reserved.