WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

投稿日:



WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんの著書「必要なのはコスメではなくテクニック」を読んで、導入しようと思った紫外線対策について紹介します。

紫外線は肌の老化を導く

WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

紫外線は「お肌の敵」と言うのは、大人女子の皆さんならご存知だと思います。

なぜそう言われるかというと、シミやソバカス、シワの原因に紫外線が挙げられる為です。調べてみると、肌の老化の8割は紫外線が原因との説もあるそうです。

ちなみに、残りの2割は加齢による影響だそうです。加齢は生きていれば仕方のないこと、だけど紫外線は自分次第の努力で食い止められるかも知れない

それなら、将来の肌の為に出来る限りのことをしよう。そう思ったので、これからは日焼け止めとちゃんと向き合っていこうと決めました。

私が選んだのは、保湿もできる日焼け止め

WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

今までは適当に済ませてきた日焼け対策ですが、28歳からは真剣に取り組みます。何歳になっても「綺麗な肌だね」と言われる肌を目指します。

その為に選んだのが、以下の2点です。

ヴェレダのエーデルワイス UVプロテクト

WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

顔と体の日焼け止めは、WELDAのエーデルワイス UVプロテクトです。

顔にはMiMCのクリームファンデーションを塗りますが、こちらはSPF22 PA++です。UVAを防ぐ効果指標PAは十分ですが、UVBを防ぐ効果指標SPFは足りない。

UVBが足りないと、日焼けやシミが出来てしまう要因になりかねません。ファンデーションだけでは心もとないかも?と思いました。

SPF:UVBを防ぐ効果を示す。「SPF15」とあれば、UVBを浴びて10分で肌が赤くなる人が使用すると、その時間を15倍延長し、150分は日焼けが起こらないようにできるというのを意味する

PA:UVAを防ぐ効果を示す。4段階の「+」で示され、「PA+(効果がある)」「PA++(かなり効果がある)」「PA+++(非常に効果がある)」「PA++++(極めて高い効果がある)」を意味する

※参考サイトはこちら

なので、SPF38 PA++の「エーデルワイス UVプロテクト」を選びました。

WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

オーガニックで、敏感肌の人や赤ちゃんでも使える点もポイント高い。もちろん、紫外線吸収剤・合成保存料・合成香料・鉱物油不使用です。

肌を保湿してくれるスクワラン配合で、テクスチャーの伸びも良い。何より塗った肌が窮屈に感じることなく、呼吸出来てる!と感じるのでお気に入りです。

メンソレータムのメルティクリームリップ

WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

唇の日焼け止めは、メンソレータムのメルティクリームリップです。

たまたまドラッグストアで見つけたリップクリームですが、数あるUVカット機能付きの中でシンプルな見た目だったのが気に入って購入しました。

こちらはSPF25 PA+++になります。香料付きの商品もありますが、私が選んだのは無香料です。刺激もなく、なめらかな塗り心地で唇に馴染んでくれます

WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

リップの下地として使って、その後はOPERAのティントオイルルージュを塗るのが今のリップ事情です。関係ないですが、OPERAハマっちゃいそうです。

日焼け止めと共に生きる

WELEDAのUV乳液とメンソレータムのメルティクリームリップで、保湿と日焼け止め対策を。

今までの日焼け止めは、肌を窮屈にする印象があって苦手意識が強かったのですが、この日焼け止めのおかげで上手に付き合っていけそうです。

未来の肌の為にも、面倒くさがらずに紫外線対策をしていきたいと思います。

-Skin care

Copyright© いるといらない , 2018 All Rights Reserved.