広島土産はこれ!広島の隠れた名菓「川通り餅」を全国の和菓子好きにおすすめしたい!

更新日:



広島土産はこれ!広島の隠れた名菓「川通り餅」を全国の和菓子好きにおすすめしたい!

私は和菓子が大好きです。特に、お餅が入った和菓子に目がありません。

最近、夫の友人から広島土産を頂いて、その美味しさにまた食べたい!と思いました。その声を夫が友人に伝えてくれたようで、また頂いてしまいました〜!今度は30個入りのビックサイズです。

こういう嬉しいお土産は大歓迎です。お土産用のお菓子って、話題性やパッケージ重視で美味しくないものが多いんですよね…。正直、貰っても嬉しくない時ってありませんか?正直、私は何度もあります。すみません。

お土産を渡す側は、お金と支払って物を買うのなら喜んでもらいたいはずです。お土産を受け取る側も、ありがとうと言って頂くなら美味しい物が嬉しいはずです。そんな両者にオススメしたいお土産「川通り餅」を紹介したいと思います。この記事が参考になれば幸いです。

広島と言えば「もみじ饅頭」のイメージを払拭したい

広島土産と言えば、何を思い浮かべますか?

ほとんどの方がもみじ饅頭を思い浮かべるのではないでしょうか。私もそうで、もみじ饅頭は一目で広島に行ったんだと気付くほど、有名なお菓子です。

私も修学旅行で広島に訪れた時、お土産でもみじ饅頭を買って帰ったものです。普通に美味しいですよね、もみじ饅頭。

もみじ饅頭は美味しいお菓子ですが、お土産には当たり外れがあります

特に、和菓子って洋菓子より当たり外れが多いと思っています。洋菓子の場合、味がダメでも見た目の可愛さで許してしまうことがあります。和菓子の場合、見た目の可愛さに限度があります。故に美味しさ重視になってしまうのです。

私は、外れを恐れてアタリだと思う物にしか手を出さない性格です。そんな私が、これはアタリだ!と思える広島土産が「川通り餅」です。

広島でしか手に入らない「川通り餅」とは?

川通り餅は、広島県民で知らない人はいない広島県民に愛されるお菓子です。川通り餅発祥のお店、亀屋のみで販売が許された商品です。

もみじ饅頭は色んなお店で作られ販売されていますが、川通り餅は亀屋でしか作れません。当然、販売も出来ません。亀屋が川通り餅に対して登録商標を取っているので、他のお店では作って販売すれば違法になるからです。

亀屋は、広島市内にしかお店を構えていません。本店と広島駅隣接の店舗2店でしか販売されていないので、広島県民以外馴染みがないのも納得です。

気になる中身はどんな感じ?

広島土産はこれ!広島の隠れた名菓「川通り餅」を全国の和菓子好きにおすすめしたい!

見た目はシンプルイズザベストな感じです。ゴールドなラインとブラックの色味が上品さを醸し出しています。これを貰ったら「おお…!」てなります。

川通り餅は個包装にも対応しています。

個数 値段
7個入り 360円
15個入り 680円
30個入り 1,360円

3種類のレパートリーのみですが、オススメは7個入りです。

360円と値段も手頃で、多すぎず少なすぎずで一人で食べるのにもってこいのサイズ感だと思います。

広島土産はこれ!広島の隠れた名菓「川通り餅」を全国の和菓子好きにおすすめしたい!

私は今回30個入りを頂きました!中身を開けると、このような感じです。一つずつ個包装なのが嬉しいですね。

ただ包装はそれだけです。少し傾けると餅につけたきな粉が飛んで散らかり放題になります。私は今回、写真を撮る為に箱を傾けてしまい、このようにきな粉が散らばってしまいました。皆さんは注意してくださいね。

広島土産はこれ!広島の隠れた名菓「川通り餅」を全国の和菓子好きにおすすめしたい!

紙袋を外すと、川通り餅が登場。川通り餅は、求肥の中にくるみが入ったお菓子です。求肥の周りにはきな粉がまぶされています。

求肥とは、和菓子の材料の一つで白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練り上げたもので、雪見だいふくの表面のモチっとした部分にも使われています。お餅のような食感ですが、お餅とは材料や作り方に違いがあり、求肥は砂糖や水飴を加えるので甘いです。

お餅を甘くした感じと思っていただければ、分かりやすいと思います。

素朴な見た目なので、もみじ饅頭のような華やかさはありません。ですが、味は本当に美味しいです。求肥の中のくるみが良いアクセントになっていて、他にはない味です。

甘い求肥の中にくるみが入れて、きな粉をまぶしているだけなのに、一度食べたら癖になる味なのです。以前に7個入りを貰った時は、家族分を残せずに一人で食べ切っちゃったほど。

広島土産はこれ!広島の隠れた名菓「川通り餅」を全国の和菓子好きにおすすめしたい!

注意事項は、日持ちしないことです。製造から1週間程度しか賞味期限がありません。なので、すぐ食べれない・渡せない場合は注意が必要です。

広島を訪れない限り、手に入れる機会が滅多にない川通り餅を紹介させて頂きました。ぜひ広島を訪れた際は、買っていただきたいお土産です。

-Food

Copyright© いるといらない , 2018 All Rights Reserved.