【お出かけ】京都ふるどうぐ市2017に行ってきた

更新日:



知り合いに好きそうだからと教えてもらった京都ふるどうぐ市。

 

その知り合いからDMを貰ったのは、およそ1か月前。とても楽しみで冷蔵庫にDM貼っているのを見ては、まだかなっと待ち遠しかったイベントです。遂に先週末、行ってきましたので様子などをレポートしたいと思います◎

【お出かけ】京都ふるどうぐ市2017に行ってきた!

【お出かけ】京都ふるどうぐ市2017に行ってきた

 

私は知らなかったのですが、今年で3回目になるイベントのようですね。

今年は2017年4月22日(土)〜23日(日)の2日間で開催されていました。

 

「京都ふるどうぐ市」は「古道具店が選ぶ古道具店」をコンセプトに セレクトされた全国の古道具屋・骨董店が一同に集まる 年に一度のマーケットです。(公式HPより抜粋)

 

北欧のインテリアも好きだけど、日本の古道具も好き。相性も良いですしね。派手な柄が付いておらず、シンプルなデザインのものが多いからかもしれません。

 

【お出かけ】京都ふるどうぐ市2017に行ってきた

 

今年まで京都の河原町になる元・立誠小学校で開催されていましたが、来年からは開催場所が変更になるとパンフレットに記載されていました。元・立誠小学校は、日本で最古の歴史を持つ小学校です。

 

宮内優里さん目当てで行った「night cruising 10th anniversary」がこの会場で、本当に心地が良かったのを覚えています。それにサウンドは、sonihouseのスピーカーで。ライブハウスや野外でのライブも最高ですが、ミスマッチな会場でのライブは非現実的で雰囲気があって、ただただ良かった。

のんびりは出来ないけど、初日に行くのがオススメ

初日の会場は11時から。私が会場に着いたのは11時半頃でしょうか。

待つことなく、すんなりと入場は出来ましたが会場内は大混雑。

 

【お出かけ】京都ふるどうぐ市2017に行ってきた

 

とにかく人人人。すれ違う時にぶつかるなんてザラでした(笑)商品を割らないように細心の注意が必要なので、お子さん連れには向かないイベントかも知れません。家族で行くなら、会場直後は避けた方が良いです

 

古道具は一点物ばかりで、店員さんに商品の説明をじっくり聞きたかった方も多かったはず。古道具は、そこが楽しみの一つだったりします。でも、そんな余裕はないほどの盛況ぶりなので、ゆっくり商品を選びたい方にはこのイベントは向かないかもしれないです。

 

私は「全国にある色んなお店の商品を見てみたい・知りたい」という思いで行ったので、そういう方には向いていると思います。

 

【お出かけ】京都ふるどうぐ市2017に行ってきた

 

どのお店もお値段はそれなりにします。中古品だから安いだろうなんて物は正直なかったです。フリーマーケット感覚で行くと、あれ?ってなっちゃうくらい(笑)私が気になった真っ白な陶器のレンゲスプーンも1本8,000円と、値段が可愛くなかったです(泣)

 

【お出かけ】京都ふるどうぐ市2017に行ってきた

 

それでも、見ているだけでワクワクするような商品ばかりで純粋に楽しかった。どのお店も商品陳列の仕方さえも素敵で、好きな方は存分に楽しめるイベントだと思います。また、どれも一点ものなので、掘り出し物を見つけたい方は、ぜひ初日の会場直後に行ってみてください。

京都ふるどうぐ市で買ったもの

私は、豆皿4枚を購入しました。1枚800円で合計3,200円のお買い物です。

 

真っ白でシンプルなデザインだけど、サイズ感が可愛くって。1枚1枚いびつなところが気に入って購入しました。状態も良かったです。

 

【お出かけ】京都ふるどうぐ市2017に行ってきた

 

新しい食器、久しぶりに買いました。食器集めが趣味なので嬉しいです。

 

来年の会場がどこになるかは分からないけど、機会があったらまた行きたい。そう思える楽しいイベントでした。

-Blog

Copyright© いるといらない , 2018 All Rights Reserved.