星野源の魅力が分からない人に伝えたい「恋」だけじゃない5つの良さ

更新日:



星野源の魅力が分からない人に伝えたい「恋」だけじゃない5つの良さ

TOWER RECORDS

私の星野源ファン歴は5年。大学4年生の時でした。

ドラマ「木更津キャッツアイ」の影響から宮藤官九郎脚本のドラマが大好きになり、それ以来放送されたドラマは一通りチェックしていました。

その当時、「11人もいる!」ていうドラマが大好きで。神木龍之介主演の家族ドラマでコメディ感たっぷりで面白かったんですよね。

家族愛がテーマだけど感動だけでない面白さが魅力的でした。そのドラマで初めて星野源の存在を知りました。

このドラマは1話ごとの教訓を歌にして、短い歌詞を歌うシーンがあるのですが、この声が好きでした。

誰が歌ってるのか3話目辺りまでは風景画で分からない。この声いいなあと思ったのが最初の印象だったのです。

それが4話目になって歌っているのが星野源扮する父親の弟「ヒロユキおじさん」だったことが分かり、衝撃を受けたのを今でも覚えています。あんなダメなおじさんに、こんな才能が?!っていう二面性に惹かれちゃったんですよね。

そこから星野源が大好きで、今でもファンです。人気になる前からずっとファンなので、こんなに注目される人になったことを嬉しく思う反面、なかなかライブのチケットが取れなくなり悲しいです。仕方ないことですけどね。

星野源の魅力が分からない人に伝えたい「恋」だけじゃない5つの良さ

ファンが増えればアンチも増える。昔は「知る人ぞ知る星野源」だったので、アンチの存在なんて気にしてなかったけど、やはり今はヤフーニュースでも取り上げられるたりするほど、アンチが多い。

みんなに好かれるなんて難しい世の中だけど、自分の好きな人が批判されるのは、悲しいことだなと思っています。

星野源の魅力が分からない人に伝えたい「恋」だけじゃない5つの良さ

星野源オフィシャルサイト

だからこそ、ファンとして星野源の良さを知ってほしい。好きになんてならなくていい。あ、こんな人なんだと思ってもらえるきっかけになれば幸いです。

歌唱力はないけど素朴な声がいい

私は素人なので言い方が合ってるか分からないけど、星野源に歌唱力はないと思っています。歌唱力って「幅広い音をコントロールできる人」だと思っていて、他のアーティストの曲でも自分の歌のように歌い上げることができる人なのかなと。

星野源は違う。ファンだから言うけど、正直歌唱力はないと思う。けど、歌唱力がないからこそ生み出せる素朴さや暖かさが私は好きです。なんだろ、例えるなら「俺かっこいい!俺だけを見て!」感がないのが好きなのです。

今でこそ代表曲といえば「恋」ですが、アップテンポの曲を歌い出したのって「夢の外から」なので、まだ最近の話なんですよね。それまでの代表曲といえば「ばらばら」や「くせのうた」で素朴な声を最大限生かした曲。最近好きになった方にぜひ聞いてほしい。

個人的におすすめなのは「グー」や「電波塔」なのですが、youtubeにはないので、ぜひアルバムやシングルを借りて聴いてほしい。

コンプレックスを才能に変えるド根性

星野源って「コンプレックスの塊みたいな人」だなと思ってます。

コンプレックスってみんな誰だって持ってますよね。ない人なんていないと思う。自分がコンプレックスだって思った瞬間から、人はその部分を隠そうとするのではないでしょうか。直すことより隠すことの方が手っ取り早いから、自分には向いてないなって思ったら諦めるって人が多いんじゃないかな。私だってそう。

星野源は違う。その「コンプレックスをバネに頑張れる人」なんですよね。文章を書く仕事をしたいと思った際にいろんな人から「才能がないと思う」って言われたけど、自ら仕事を作り出して一冊の本を出版できるまでに至ったそうです。星野源のエッセイ集「働く男」の中に「書く男」っていうコラムがあるのですが、この文章の中でこう綴ってます。

才能がないからやる、という選択肢があってもいいじゃないか。

そう思います。

いつか、才能のないものが、面白いものを創り出せたら、

そうなったら、才能のない、俺の勝ちだ。

(「働く男」より抜粋)

才能がないなんて、どストレートに言われたら立ち直れないよ。星野源はきっと褒められて伸びるタイプではなく、叱られて伸びるタイプなんだろうなあ。

見た目と性格のギャップが面白い

ドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」の津崎さんで好きになった人が多いので、星野源と言えば「優しそう」・「草食系男子」・「爽やか青年」なんてワードがわんさか出てきそう。実際は、その反対で「下ネタ好き」・「肉食系男子」・「どろどろ人間」なワードが滲み出てくる。そんな人だと思います。

ライブでもラジオでも雑誌のインタビューでも、知れば知るほどそんな一面を知ることが出来るでしょう。人間らしいと言えばそうで、本来隠すべきところを隠さずに小学生みたいな一面がある人だと思います。その飾らないとこが好きです。

社会人になると、いろんな人の汚い部分を見たり、嫌な言い方をされたりして正直に自分のことを晒け出せる人って少ないなと思います。だからこそ、その正直さに共感が持て、面白い人だなと興味を持っちゃうんですよね。

苦労してきた過去があるからこその貪欲さ

星野源は小学3年生の時に、おもらしした経験からいじめられ、不登校になった過去があります。今でこそ雰囲気イケメンなんて言われてますが、昔の写真を見たら、こんな子が?ってきっと思うと思います(気になる方は検索してみてね)。

高校を卒業して大学には行かずに、バイトをしながら俳優やバンド活動をしていました。29歳で歌手デビューしてますが、それまではSAKEROCKの一員としてだったので、あまり表舞台で活躍することはなかった。SAKEROCKってめっちゃ凄いバンドですけどね。知る人ぞ感が強かったと思う。

だからこそ、大きな舞台で歌が歌えること、主演で映画に出演出来ることに謙虚な姿勢で臨むことが出来るんですよね。ファンの間では、歌終わりに深くお辞儀することや次の歌手が歌いやすいように、頼まれてないのにアーティスト紹介までしちゃう献身さが知られてますが、ドラマで急に出てきちゃった感があるから、「なんだか偉そう」なイメージが付いてしまったのが残念でありません。

派手すぎず地味すぎない「ほどほどの」服装

これは個人的な意見ですが、星野源のファッションが好きです。最後が個人的意見ですみません(笑)。でも、これ調べてみたら恋愛.jpが主催の「彼に真似してほしいファッションの男性芸能人」アンケートで1位を獲得したみたいなので、私だけじゃないみたい。嬉しい。

ここにも書かれてますが、芸能人ぶらない自然体のファッションが良いんですよね。なんか最近やたらとスーツスタイルが多いですが、昔はカジュアルスタイルでデニムにTシャツ、足元はスニーカーみたいな。

星野源の魅力が分からない人に伝えたい「恋」だけじゃない5つの良さ

星野源オフィシャルサイト

何かの本でUNDER COVERが好きって書いてたのを覚えてるんだけど、どの本だったかな。サブカル女子が好きなメンズたちは、とりあえず星野源みたいな格好しとけば間違いないって思ってる。私が保証する(笑)。

まとめ

なんだか偉そうに星野源について語ったけど、そこは好きな歌手について語っただけだから許してほしい。間違ってる箇所があったら、ごめんなさい。

こんなに好きとか言っておきながら、最近はあんまり聴けてない。今年のライブにだって応募しなかったし、ファンブックだって購入してない。

今は人気が凄いので落ち着くのを密かに待っている。私が好きになった頃は、知らない人が多かった。それがこんなに人気になって、テレビで見る機会が増えて素直に嬉しい。けど、だから今は落ち着くのを待つのだ。「◯◯ちゃんって人が好きっていうと冷めるでしょ」と言われたことがあるが、その通りである。

みんなが好きより私だけが好き。そんな特別感が星野源の魅力だと思っている。

-Report

Copyright© いるといらない , 2018 All Rights Reserved.