万博記念公園は、エキスポシティ設立で手ぶらでピクニックが楽しめる便利なスポットに!

更新日:



先週末に万博記念公園でピクニックして来ました。天気は晴れ時々曇りで、ピクニック日和な気温。園内は親子連れやカップルで賑わってました。

ショッピングモール(以下、エキスポシティ)が万博記念公園横に設立し、手ぶらでピクニックが楽しめる場に変身!その場で食材等の調達が出来る便利なスポットだったので紹介します。

 万博記念公園は、公共交通機関で行ける

万博記念公園をピクニック開催地に選んだ理由は、電車を乗り継げば行けるから。ピクニック出来るような広い公園は車でしか行けない場所が多いので、万博記念公園は車を持たない私にとって最適の場所と言えるでしょう。

万博記念公園は、大阪モノレール『万博記念公園駅』もしくは『公園東口駅』から徒歩5分も掛からない場所にあるので、電車を乗り継げば大阪府や兵庫県からでも行ける距離ですね。

このゲートをくぐって進むと、万博記念公園があります。反対側にエキスポシティがあります。家族連れやカップル、大学生で賑わっていました。

エキスポシティには、全305店舗が並ぶショッピングモール「ららぽーとEXPOCITY」と水族館「ニフレル」などの8つの大型エンターテイメント施設が一堂に会す大型複合施設です。

エキスポシティでピクニックの必需品を調達しよう

ピクニックの必需品と言えば、

  • 食材(お弁当・飲料)
  • レジャーシート
  • 遊具(バトミントン・ボール等)

これら全てエキスポシティで調達が出来ます

なぜなら、エキスポシティには305店舗もの店舗が連なっているから。大型スーパー「イズミヤ」で食材調達出来ます。100円ショップ「ダイソー」やバラエティショップ「3COINS」等でレジャーシートや遊具の調達が出来ます。

ちなみに「イズミヤ」と「3COINS」は1階に、「ダイソー」は3階に店舗を構えています(2017年5月27日現在)。エキスポシティは建物内が少し入り組んでいるので、地図を見て探した方が良いと思います。私は地図を見ずに探して、非常に迷いました。

イズミヤで食材を調達しよう

イズミヤには、入り口からお弁当コーナーがドンと陣取ってて、300〜500円台のお弁当やつまみ系がズラリと並んでます。私はお弁当持参で向かったので購入しませんでしたが、イズミヤで食材を調達するのも良いですね。

ダイソーや3COINSでレジャー用品を調達しよう

3COINSで、バトミントンセット(ラケット2本+羽根1個)を324円で購入しました。ダイソーで、レジャーシート(90cm×160cm)を108円で購入しました。

地面に敷くレジャーシートは使い捨てる場合もあるので、ダイソーで買えるのは嬉しい。キャラクターの柄物はサイズが小さいですが、無地なら大人一人寝転べるサイズが100円で手に入ります。

いざ万博記念公園へ!入場料は大人250円

万博記念公園に入園するには、入場料が掛かります。

大人 250円

小・中学生 70円 (公式HPより抜粋)

入園料といっても安いですね。小・中学生70円って。

私は夫の福利厚生で50円引きの200円で入園出来ました。皆さんも割引できる方法があるかも知れないので会社の福利厚生などチェックしてみてくださいね。

入園券も岡本太郎の「太陽の塔」でおしゃれですね。

東京にいた時、一人で岡本太郎記念館に行った覚えあるのに、よく考えたら太陽の塔を間近で見たことなかった。近場だからこそのあるあるですね。

中は、こんな感じで広大です。地図に載ってたのは半分くらいの広さ。子供が楽しめる遊具が「やったねの木」や「わくわく池の冒険ひろば」、「エキスポみらいgo!」と3スポットありました。有料になるけど自転車乗り場やあひるボートがあって1日楽しめそう。

私は入園して一番近い広場「上の広場」でシートを広げてピクニックしました。木陰もたくさんあるのでキャンプに張るようなテントはなくて大丈夫でした。まだ季節的に早かったからか虫もいないし快適。夏は虫除けにいるかも知れないですね。

みんな思い思いの遊具で体を動かしてました。中には太鼓を持参して踊ってる人も。大学生が缶蹴りやってて懐かしさを感じながら、ひたすら読書、時々バトミントンをして楽しみました。

帰りに一周して、万博記念公園にさよなら。太陽の塔の裏側って始めて見た。

前もいいけど、後ろから見た太陽の塔もかっこいい。そんなことを思った、のんびりした1日を過ごしました。ほどよい疲れで、帰って爆睡してしまいました。

-Report

Copyright© いるといらない , 2018 All Rights Reserved.