銀行の通帳はいらない。記帳がいっぱい、紛失するリスク、銀行に行く手間と時間を断捨離。

更新日:



銀行の通帳はいらない。記帳がいっぱい、紛失するリスク、ATMに寄る手間と時間を断捨離。

家計用・個人用含めて、銀行口座の通帳を全て断捨離しました

フィンテックによる銀行アプリの開発がされ、全ての資産を一括管理出来る時代に、もはや通帳の必要性を感じていませんでした。これ、いらない。

そう思いながら、通帳を残していた理由は夫からの反対があったからです。

銀行の通帳があると安心?

銀行の通帳はいらない。記帳がいっぱい、紛失するリスク、ATMに寄る手間と時間を断捨離。

夫からの反対意見で出たのは「ないと不安だから」です。

画面上に表示される数字は信用できない、ログインしないと確認できない。そんな理由で、簡単に手元で確認出来る通帳が安心な方は多いのはないでしょうか。

通帳の役割は、残高を確認することです。入出金はキャッシュカードがないと出来ない銀行が多いので、通帳は履歴を残すものと言えるでしょう。

ですが、通帳は記帳してこそ意味があります。未記帳の通帳は、現時点の数字ではないので何の意味もありません。

夫の場合、記帳の手間を面倒くさがってしまい、記帳しに行きません。

一定の条件を越えれば、普通郵便で通帳未記入通知が送付されるケースもあります。まとめて記帳され、何にいくら使ったか確認出来なくなることもあります。

これでは、通帳があれば安心と言う理屈は通りません

貴重品が増える=紛失するリスクが増える

銀行の通帳はいらない。記帳がいっぱい、紛失するリスク、ATMに寄る手間と時間を断捨離。

そもそも通帳はお金を管理するものですから、貴重品の一種です。

家に泥棒が入って、真っ先に確認したいのは貴重品です。その貴重品がたくさんあったら、全てを管理するのは不可能です。だったら、元を減らした方が思います。

物を減らすと気に掛ける存在が減るので、今ある物を管理しやすくなります。

把握できる範囲まで物を減らせば、あれどこにあったかな?と探す手間が省けて、紛失のリスクも減ります。万が一の場合も、すぐに気付くでしょう。

通帳の記帳が面倒に感じるなら、通帳を無くした方が安心ではないでしょうか。

銀行・ATMに出向くのが面倒

銀行の通帳はいらない。記帳がいっぱい、紛失するリスク、銀行に行く手間と時間を断捨離。

他のメリットは、記帳する時間と手間を無くせることです。銀行に行くのって、本当に面倒ですよね。

特に一番困るのが、記帳欄がいっぱいになった時です。通帳を新規で発行する必要があります。

ATMですぐ新規発行が出来れば問題ないのですが、銀行の営業時間内に出向かないと対応出来ない場合があります。平日の15時までに行く、なんてハードルが高い。

全ての銀行通帳を断捨離して思ったこと

銀行の通帳はいらない。記帳がいっぱい、紛失するリスク、ATMに寄る手間と時間を断捨離。

夫と話し合いの上、全ての通帳を無くして、これからはアプリ管理になりました。たった通帳3冊捨てただけですが、体がふわっと軽くなったように感じます。

これからはキャッシュカードのみで、主にネットバンキングやアプリを活用して管理していきます。この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

-Money

Copyright© いるといらない , 2018 All Rights Reserved.